--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.12     カテゴリ:  只見線 

   極上の会津 ~その六~ (SL只見線奥会津号 試運転3日目 復路)

DSC_1020n_20121126102315.jpg

のんびりと ひっつき虫取る 汽車待ち時間。


秋は短し夜は長し。
奥会津路、信濃路、奥久慈路を巡る真岡C11の秋臨行脚も
まもなく千秋楽奥久慈路へと・・お疲れ様です。

さて、奥会津路試運転もついに最終日復路。泣いても笑っ
ても今秋只見線においてはラストカットになるやもしれぬ
大一番。不通区間のおかげか気移りせずに・・・聖地、第
一只見一本・・・のつもり。
沼田集落脇の畔に駐車許可を頂き、民家脇から木漏れ日頼
りに小径を下る。人を拒むかのように横たわる大木2本と
フカフカに苔生した地面。踏み出すごとに軸足が流れるも
下り道自体は然程の距離がなくひとたび開ければ後は河原
目指してまっしぐら。ここまで正味十数分。河原手前から
はこの季節だから少な目で済んだ藪漕ぎにてポイント着。
何はともあれ一息。
ふと足元見ると悍ましい数のひっつき虫(草の種子)。
ヒッ!ヒヨェ~ またおまえか。









DSC_1030n.jpg

かつての豊富な水を湛えぬ只見川は河床の半分も使うことなく
今はひっそりと・・・。










駒啼瀬トンネル工事渋滞もしっかりこなしたにもかかわらず
何故か柳津発車に間に合う。気持ちはすっかり帰路だったの
で、これはとても得した気分。ムフッ♥ 

ならば・・・。











DSC_1047n_20121126102313.jpg


総評。

2年ぶりの只見遠征。不通区間がどう影響するかが心配材料
でもあったけど会津川口までとなった今回からの運行でも十
分に只見線の面白さを堪能出来た。撮影効率を上げてくれる
会津坂下・会津柳津・会津宮下の長停車。盆地から山間、渓
谷、里の集落と勾配のたびに移りゆく風景・・・こんな路線
はそうはなく、非架線の撮りやすさも手伝い撮り手によって
その世界は無限に広がる。首都圏からは300㎞超とハードル
は高い路線ではあるものの、補って余りある風景がここには
ある・・・と信じてやまない。

不通区間の里山に再び汽笛が響かんことを・・・。




2012年10月 奥会津路。 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村










トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【極上の会津 〜その六】

のんびりと ひっつき虫取る 汽車待ち時間。秋は短し夜は長し。奥会津路、信濃路、奥久慈路を巡る真岡C11




プロフィール

茶葉

Author:茶葉
※縦構図をこよなく愛すズボラ者
※掲載しております画像の無断転用は
 ご遠慮下さい。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数:


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。